« キルトジャパン 147号 | トップページ | 最後の撮影日 »

2012年6月 7日 (木)

鎌倉で打ち合わせ

  今日は、打ち合わせを兼ねて、鎌倉にある近代美術館で開催中の『石元泰博 写真展』へ行ってきました
 藤田先生は、新宿からロマンスカーに乗車され、前日から遠足を楽しみにしていた小学生のように、ニッコニッコで遠くから手を振りながら、待ち合わせ場所の藤沢に現われました(笑)
 さ、藤沢から江ノ電に乗って
P6073809_2
のんびり、海を眺めながら、ガッタンゴットン・・・
そして、途中から乗り込んできた、本物の小学生(笑)の遠足 と一緒になって、賑やかに鎌倉駅に到着です。
さ、近代美術館へは、小町通りを抜けて・・・
P60738131
え~とsweat02最近出来た干物屋さんの試食コーナーに出合いまして、すかさずパクリと・・・

 はい、そして本日の目的の美術館に到着
そうです、会期が10日までということがあったので、慌てて打ち合わせに組み入れた本日の予定

 P6073814
石元氏の写真は、現在見てもこんなにも新鮮に感じるのは、海外で生まれ育ち、バウハウスの教育理念を継承したニューバウハウスで教育を受けたからだろうと、先生に伺いながらの観覧に、すっかり、石元氏の眼に魅了された中島です。
 と、言いながらもP6073817_3

先生を前にすると、こんな構図を欲しがってしまうのは・・・笑

 さて、別館で開催中のこちらは、また違った方向から楽しみにしていたひとつでしたP6073823

染色作家 柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)展
民藝との出会いから染色の道を歩み始めた柚木氏は今年、90歳を迎えられるとのことですが、作品はとても若く、新しく感じました
 それから、本の仕事の内容では、特に、言葉に触れ合うように施された小さな布のコラージュの作品に、強く心打たれた中島です。

こんな風に、先生との打ち合わせは、一つの用件に留まらない、内容のこ~いモノになるのです。

 で、その後の打ち合わせも無事終わった帰り道、先生の舌は、試食で味わった干物を欲していたのでした(笑)

さて、次回は、どんな組み合わせになりますか?
ご期待ください。
HPは、もうちょっとお待ちくださいねぇ

|

« キルトジャパン 147号 | トップページ | 最後の撮影日 »

仕事」カテゴリの記事