« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

blind galiery

 こんにちは、中島です

今日は、夕方からの打ち合わせ

それまでの時間調整に、アトリエ近くの代々木ヴィレッジ内のギャラリーを覗いてみました

P9275403

こちらでは以前、アレクサンダー・ゲルマンの展覧会があったことを、先生より伺っていましたので、階段を上ったところに位置する空間は興味津々でした。

 中に入ると、いい香り。

スタッフの方に、促せられて、奥のインスタレーションへ入り込んでみました

P9275405

テーマは、月

フクシマミキさん、青葉市子さん、田仲千春さんの

アロマと音楽と布の饗宴といったところでしょうか

今月の満月に向かって、少しずつ、提げてある布にコラージュしていくようで、来客者が、丸い布端を、ポンと乗せられるようになっていました。

そう、今月の満月は、30日

もう直ぐ、この作品も完成を迎えるわけです

そして、10月2日からは、満月から新月に向かった、インスタレーションが始まるとの事

アクセサリーや、布バッグなどの販売と共に、ちょっと、神秘的な空間でした

こちらは30日までと、10月2日~14日までの二部構成です。

 

 

|

2012年9月23日 (日)

第一回藤田ゼミ

 こんにちは、中島です

今日は、第一回藤田ゼミ1日目のご報告

今回のテーマは『グラフィックデザインの視点から作るシンプルキルト』

 授業は、先ず、PC画像で、1900年前半から現代まで、先生がチョイスした作品を見ながら、グラフィックデザインというものに触れていきます

P9215329

それから、ざっくりと、美術史に移り、

最後に、テキストの『配色入門』の、色相環のページに、カラーチップを貼っての演習作業

P9215330

細かい作業になりますが、これは、やはり実際に貼りながら感覚を掴んでいくのが目的なのでしょうね
このように進んだ、あっと言う間の2時間(先生も、まだ、喋り足りなかったようですが)の中で、先生は、何点かの入り口を示してくださった。

その入り口に、どの用に入り込んで、掘り進めて行くかで、これからシンプルキルトに向かって、個々の方向が出来上がってくるのでしょう

次回もまた楽しみです。

さ、私も、チップ貼りしなくっちゃ!♪

|

2012年9月14日 (金)

藤田ゼミスタート!

 こんにちは
お久しぶりです、中島です。

今日から、いよいよ藤田ゼミがスタートしました。Image 私は、金曜日午前クラスだから・・・

あれーーー????

プログラム内の曜日案内が間違っている!!!!

第三金曜日午前クラスは第四金曜日21日となっていますが、正しくは第三金曜日21日の間違えです。

よって、但し書きは、初日は第三金曜午後クラスが第二金曜日14日になります。が正解ですね。

う~む、今回は、どうも私自身も???の事が多くて、原因はここだったか!

申し訳ありません!

え~、こちらをご覧いただけていたらいいのですが、どうか、金曜午前クラスのかた、お間違えの無いよう、よろしくお願いします。

|

2012年9月 8日 (土)

リレー

 こんにちは。
キルターズスタジオ第四土曜クラスに在籍している小林です。
私がキルターズスタジオで、藤田先生にご指導を受けたい!と思ったきっかけは、先生の本 ”藤田久美子のパッチワークパターン318”に出会った事です。

私の中のパッチワーク像とは全く違った先生の魅力的な色柄合わせや、デザインに衝撃を受け、直ぐに受講を希望した事がきっかけでした。
キルターズスタジオに在籍させて頂いてから早3年が過ぎました。

023
先生からご指導を受けた技術やデザイン、色彩感覚を活かし、今年の5月から、念願でもあったワークショップ形式のお教室を自宅で始めさせて頂いています。

024
8月は夏休みという事もあり、子供達にものづくりの楽しさや出来上がった時の達成感や充実感を伝えられたらと思い、夏休みスペシャルと題して子供用にワークショップを開催しました。025

私が藤田先生と出会いものづくりの楽しさを知ったように、次は私が次の世代に何かを残し伝えられたらキルターズスタジオに在籍し、藤田先生の元でご指導を受けている意味に価値があると思っています。
これからも、楽しい第四土曜クラスの皆様と勉強していきたいと思っています。

|

2012年9月 1日 (土)

メキシコ

035

こんにちは。
キルターズスタジオ水曜日クラスに在籍している柳町です。

少し前になりますが、メキシコのあちこちを旅してきました。
とても印象的だったことをご紹介させていただきますね。

メキシコには街中に可愛いもの、カラフルなものが溢れていました。

町を歩いて思うのは、メキシコ人はペンキが大好き?!ってこと。
小さな町にも必ずペンキ屋さんがありました。
色とりどりに壁やドアを塗ったり、絵を描いたり。
高度が高く乾燥した風土の故か、青く高く澄んだ空の下、
発色も日本とは違ったように映りました。

058

620

560

これはアニマリートという民芸品のぬいぐるみ。

モチーフは実在の動物ばかりでなく、モスラみたいな蝶とか
メキシコには住んでいないライオンとか、
作りたいものを自由に作っているようです。

316_3

民芸品を作っている、先住民族の女性達が、
店番しているときも針を持って
いつも手を動かしていた姿が浮かびます。

キルターズスタジオで学ぶようになってから、
旅に出てもその土地ならではの手仕事だけでなく
看板やサインにも興味がわいてきました。
また面白いものがみつかりましたら
紹介させていただきますね!

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »