« パッチワーク通信183号 | トップページ | USJに行ってきました。 »

2014年10月30日 (木)

グラフィカルキルト

こんにちは中島です。

急に寒くなりましたが、皆様お元気ですか?

先日、藤田久美子先生のクラスがスタートしました。

Photo
入塾とあって、キルト塾の担当の方などからの手続きや特典の説明などもあり、新規というのはなんだかワクワクするものですね。
塾長からのご挨拶でのお話も聞き入るものがありました。
2
 さて、本クラスの内容ですが、
グラフィカルなキルト?タイポグラフィー?
それって何?何?何?
こんな疑問や好奇心が湧くことって、今時、パッチワークの世界では無いでしょうね。興味を持って下さった受講生の皆さんとお会い出来たという、それだけでも、新しい風がキルト界に吹いてきた気がします。
第一回目はグラフィックデザインの歴史から。
3_2今回のプロジェクターを使用しての講義は、先生が新たなPC機能を活用して準備したもので、理論より視覚で捉えることを伝えて下さったように思えます。
4
 画像で歴史、生地に触れて色、ちょっと一息の針仕事、という流れの充実した内容でした。
次回まで1ヶ月の間、皆さんは様々な目が養われて、生活の中での発見が多くなっているのではないでしょうか。
これからキルト作りに向かって行きますが、どんな作品が出来上がるのかとても楽しみです。
 今日は、毎回アシストにまわさせて頂きます、中島からのキルト塾のご報告でした。
・・・そうそう、
なんと、こちらは途中入会も出来るとの事。
補習で補って下さるそうですよ。
もし今回逃してしまわれたことに後悔されていらっしゃる方、まだ、間に合います!
キルト塾の方へ是非、お問い合わせ下さい。
では!

|

« パッチワーク通信183号 | トップページ | USJに行ってきました。 »