書籍・雑誌

2015年3月 2日 (月)

パッチワーク通信 no.185

こんにちは 中島です。

あっという間にもう桃の節句になってしまいました。

皆様、花粉症対策は万全でしょうか?

キルターズスタジオのメンバーの作品掲載していただきましたパッチワーク通信が発売されて、随分と日が経ってしまいましたが、遅ればせながらご紹介。
33
春らしい表紙の4月号は、花、花、花!
今号は ボルチモアの特集に並んで、「かわいいキャラクター」
・・・キャラクターといったら、藤田久美子先生でしょう♪
こちらの特集では、柴犬をこよなく愛する田中直子さんらしいアットホームなパターンで構成されたベットカバー、世界の民族衣装を纏ったかわいいキャラクターを得意とする原田京子さん、手を広げた仕草をライン状につなげたキャラクターを作られた永田裕香さんの作品、いずれもスクラップの布使いが実に楽しいですねぇ。
そして、ヘキサゴンだけでオリンピック競技を表現したタペストリーは、東京ドームでも、皆さんの印象に残っている作品だと思います。
皆それぞれに個人の感性をを引き出してくださる藤田先生のご指導の賜物ですね。
そのほかにも、モダンブロックのコンテスト結果、小関鈴子先生のマンスリーキルトの皆さんの作品発表など、読者参加型?の内容、盛りだくさん!
ただ一つ、残念なことに、印刷の色、悪いっすねぇ〜sweat02
 書店にお立ち寄りの際は、是非手にとって見ていただけると嬉しいです。
では、また!

|

2012年7月21日 (土)

Mollie MAKES

 こんにちは

夏休みに入ってからここ2日ほど、涼しい日が続きますが、皆さん、体調崩してないですか?

 今日は、先日行った蔦屋書店で、素敵な雑誌を見つけましたので、ご紹介♪

P7214443  

イギリスの手芸雑誌『Mollie MAKES』

なんと、付録にはボタン!

内容は、パッチワーク・編み物・刺しゅう・ファッションと、ページをめくるごとに目が張り付いてしまいます。

しかも、CMが可愛い!

そのCMはこちら

http://www.youtube.com/watch?v=UqV8WV8Ddos&feature=autoplay&list=UL9ig9R86coFY&playnext=2

きゃ!

かわいいですよねぇ♪

日本にもこんな手芸雑誌が登場してくれるのを切に望みます。

ネットでは

http://www.mag-mart.jp/

こちらで購入できますよ。

|

2012年3月 5日 (月)

ガーリーバッグ・コレクション

 書店の手芸のコーナーを覗いた時みつけた!

おぉぉぉ!と思わず声をあげたくなる、こちらP3059231 パッチワーク通信社『ガーリーバッグ・コレクション』

きっと、皆さんも見覚えがある作品の数々

特に、この中央にデーン!と座っていらっしゃるバッグは、そう、キルターズスタジオのメンバー 福里元江さんの作品ですよぉ。嬉しいなぁ・・・♪

他にもリバティのペタンコバッグも掲載されてます

どうぞ、書店にお立ち寄りの際に、ちょこっと覗いて下さいねぇ。

因みに、こちらのお値段は1200円+税

型紙綴じ込み付録付き~♪

|

2011年10月24日 (月)

パッチワーク通信165号

発売中!Pa246872

|

2011年6月 5日 (日)

Quilts Japan vol.141

はい、待ちに待った発売日

P6052875 スペシャルレクチャー

藤田久美子の『オリジナルキャラクターをつくろう』

キルターズスタジオメンバーの制作したパターンが盛り沢山♪

皆「きゃわい~~!」ですよ~>ちょっと違うのもありますが(笑)

これはですねぇ、やはり実際にご覧いただき、先生より直接のレクチャーを体験していただきたいものですねぇ

実際に、自分で線を引き、形にするというのは、見ているだけとは全く違うものですからねぇ

・・・ね?

 そして、

他の記事もいいんですよ

表紙にもなっている、特集の『夏の素材で和のキルト』も素敵です

私、麻と白絣好きなもので、心動くものがあるのです

日本の夏はやっぱり和が涼しげでいいですね

それと、目を奪われるページが・・・

創刊25周年記念特別企画『キルトの原点を訪ねて』はアメリカのキルトの歴史と、この度アメリカンフォークアート美術館が『イヤー・オブ・ザ・キルト』の一環として開催されたキルトショーの紹介

このキルトショー、行きたかったなぁ・・・

なんたって、アメリカの一個人のコレクションというのがびっくり!

昨年ドキュメンタリー映画で観た、現代アートのコレクターのハーブ&ドロシーといい、海外のコレクターの規模の大きさには度肝を抜きますねぇ

暫く続く特集のようですので次号も楽しみです

といった、中身濃いぞ!の7月号です

さあ、本屋さんにお急ぎくださいませ

あ、因みに『ハーブ&ドロシー』は東京都写真美術館で上映が始まりましたよ

|

2011年4月22日 (金)

パッチワーク通信 No.162

本日発売P4221702_2  キルターズスタジオのメンバー2名の作品を掲載していただきました

Home Sweet Quiltsのコーナーの、子供部屋とキッチンに登場してます

作り方ページもありますよぉ

あれ?小物の取り扱い店名と商品の値段も入ってる

なんだかファッション誌みたいで楽しい♪

本屋さんにお立ち寄りの際は是非お手にとってご覧いただけると嬉しいです

そのままレジに行って頂けるともっと嬉しいです

|

2011年4月 4日 (月)

Quilts Japan vol.140

 本日、4月4日発売のキルトジャパン5月号に、キルターズスタジオメンバーの作品が掲載されましたP4051363 『旅するキルト』のコーナーで紹介して頂いています

まさに、ピッタリのタイトル

とても旅行がお好きな、私がキルターズスタジオに入った頃から目標にしていた先輩です

 今回は北欧!

実際にその土地の空気を感じないと出来ない表現がいっぱい詰まった作品

私自身が大好きな作品なので、ついつい力が入っちゃいますが、本屋さんにお立ち寄りの際は是非ご覧下さいませ

|

2011年3月28日 (月)

癒しの点々

 今回の教室の課題

パッチワークの面分割で、いかに人物の動きを表現するかに、皆四苦八苦でした

中でも、表情は顔が重要なポイントになってきます

たった、2つの点をつけるだけなのに、とってもむずかしい

だけど、こ~んなに可愛い表情を作ることが出来たなら・・・手法は違うけどP3281225

制作していても癒されますねぇ・・・

はい、こちらは18年前発行の『藤田久美子のカントリーキルト パッチワークとステンシル』掲載のステンシルのキャラクターでした

さあ、次の課題は何でしょうか?

楽しみですね

|

2011年2月 6日 (日)

Quilts Japan 139

遅ればせながらではありますが、

昨年10月に開催しました、キルターズスタジオの作品展には、多くの方にお越しいただきましたこと、メンバー一同、感謝の気持ちでいっぱいです

 実は今回の作品展には、影のタイトルがありまして・・・言っていいかな?

祝還暦・藤田久美子キルターズスタジオ作品展だったのですww

なもので、と~っても、記念すべき作品展

今月発売のP20605721_2 Quilt Exhibition Reportのコーナーに載せて頂きました

このほかにも、昨年中に紹介していただきました、パッチワーク通信、台湾の手芸雑誌『Hand Made』 の編集者の皆様、改めてここでお礼申し上げます

ありがとうございました

  

 教室では、次の課題にメンバーそれぞれ頭を悩ませつつも、数々の新しいオリジナルデザインが誕生しておりますよぉ

どうぞ、お楽しみに~

|